記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的タッチクルーザーとの付き合い方

シャープのガラホの特徴の一つが「タッチクルーザーEX」です。
これが結構秀逸で、使ってみないとどうもこのよさが伝わらないと思う、そんな新感覚のツールです。

ぽちぽちと文字をうったと思ったら、すっすっと指先でテンキー部分をなぞり画面上のポインターを移動させてタップ、、テンキー部分を長押しでスワイプモード、そのまま一点で止まってまつとロングタップ。と思ったら今度は方向キーぽちぽちの、決定キーぽち。

ちょっとぎこちないながら、スマホっぽい動きをしようと思えばできる。テンキー入力にスムーズに移行しつつ、すぐポインター操作に戻れる。

なんかこう、すごいのです。ポインタの速度を「設定」の「その他」→「文字入力」のところから自分好みに変えるとさらに使い心地がよくなります。


しかしこれ、欠点もあります。タッチクルーザー対応アプリ(基本的に自分で入れたやつは全部対応になってます)を開くと通知に「タッチクルーザーを有効にしました」、そして非対応アプリ(プリインのメモ帳とか、設定画面とか)を開くとまた通知に「タッチクルーザーを無効化しました」…これ、いろんな画面を行き来してると、心配になるくらいくるくる通知が回ります。

しかも、タッチクルーザーの感度が良すぎて、ちょっと指をおいただけのつもりなのにタップ操作になってしまったりします。文字入力の途中で変な変換を選択してしまったり、ブラウザのなかのリンク先に飛んでいたり。

扱いに慣れてしまえば問題なかったのでしょうが、LINEがキー操作だけで使えることに気がついてからためしに普段タッチクルーザーオフにしてみたところ、特に困ること無く快適なのでそのままです。これは楽ちんですよー。LINEの文字入力にすぐ入れます。(ちなみに文字入力の際、「自動カーソル移動」の機能をオンにしているとたまーにぎこちない気がするので、私はこれもオフにしてみてます。使い慣れるとこれはこれで使えますよ。ワイルド変換を活用してみてください。)

さらにapkでいれたアプリもほぼキー操作に対応しているので、快適なガラケー的操作でスマホアプリが活用できてしまうというまさに「スマホとガラケーのいいとこどり」になってます。うちのSHF31すごい。


もちろん必要な場面(ねこあつめとか)では通話キー長押しでオンにしますが、やることやったらオフ。
この「必要なときだけオンにして使える」というのが、タチクルを更に便利にしています。

タチクルのポインタ操作の自由度があればこそ、apkでインストールしたアプリの活用ができるのですから、これはまさしく目の付け所がシャープな機能。さらにオンオフをユーザー側で制御できるようにしたところがグッドです。これは第一回目のソフトウェアアップデートで改善された部分で、シャープのガラホ改善方針は痒いところに手が届く、まっとうな改善が多いのが嬉しいです。

アプリ起動時に、タチクルを自動起動するかどうか個別に設定できるようになったらまさに神なのですが、どうでしょうねシャープさん。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまむし

Author:たまむし
うんちく語るのがすきな一般的ガラホユーザー。SHF31について熱く語りたいのに場所がなく、相手もいなく、悲しくなったのでブログ開設となりました。満足したら更新停止する可能性が高いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。