記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラホがもっさりしている場合は…

私のSHF31が文字入力さくさくすぎて、「ガラホもっさり」「入力おそい」の声を目にすると、どうしてそんなに早く打ちたいのかなあと不思議に思っていたのですが、ふと最近「省エネ設定」をオフにして使ってみたところ…たしかにもっさりしていた!

設定した当初はあんまり変わらない気がしていたのですが、毎日使っていると違いがはっきりしますね。
私のおすすめ文字入力さくさくな設定は、以前の記事でもちょろっと書いてますが改めてまとめますと…

※最初書き忘れていましたが、タッチクルーザーは、使う時が少ないため基本的にオフにしています。


「設定」→「省エネ・電池」→「省エネモード設定 詳細設定(カメラ起動ボタン)」で、

「アニメーション」→「一部表示」または「なし」に設定。
「省エネ液晶ドライブ」→オン。

その他の項目は、普段使いにちょうどいいように適当に設定。
画面をひとつ戻って省エネモードをオン。
※もし省エネモードにして、画面を長時間閉じている時にWi-Fi接続が切れるようであれば、設定→Wi-Fi→詳細設定から「スリープにしない」を再度選択しなおしてみてください

さらに「設定」→「その他」→「文字入力」→「SH文字入力 詳細設定(カメラ起動ボタン)」→「入力補助・変換」で自動カーソル移動をオフ。

または、ちょっと上級テクニック「開発者向けオプション」からのアニメーションオフもおすすめです。
そちらの設定についての参考は下記のブログへどうぞ!

AQUOS K(SHF31)速さに別に困ってなんかいないんだからねっ!! - AQUOS K(SHF31)で 出来るもん!ガラホ で目指す未来がシャープ



あとは、待受。
メニューを開いて「サービス」→「メーカーサービス」のSHSHOWからとってこられる「情報ライブ待受」を待ち受けに設定して、各種ニュースを表示しないようにして時計のみにしてます。これだと標準よりメニュー選択の引っ掛かりが少ない、ような気がしています。これは確信もてませんが…焼け石に水かもしれない。


私のSHF31は、上記の設定でLINEのトーク画面を起動してすぐ打ち始めることができています。メールもメモ帳も、基本的にさくさくです。それでもたまにぎこちない時はありますが、ちょっと起動直後は多めに見てあげてください…。

上記の設定のうち、文字打ちに関しては自動カーソル移動オフが特にポイントです。オンにしていると、たまに文字打ち中に操作がぎこちなくなる→途中の文字で確定される、ということが起こります。スムーズなときは問題なく便利なのですが…これをオフにしたらさくさく度があがり、さらにプチフリーズ後も文字が確定されず続けて打てるので便利でした。

それで、不便になりがちな「いい」や「なに」などの同じ行のよく使う言葉は、辞書登録で「い→いい」「な→なに」などで変換できるようにしております。これで個人的には不便ありません。
…が、ケータイ打ちなら自動カーソル移動必須だろ、という意見はもっともなので強くはすすめられませんねえ…。



こうしてみると、自分はSHF31を快適に使うのにいろんな工夫をしているような。素のままで使えない、ということではないはずなんですが、ついいじってしまうんですよね。そして世間との感覚と離れてしまっているのかも…アプリも入れてるしなあ。
できるだけわかりやすいように書いるつもりですが、調べない人はここを見ることもないわけですし…。

とりあえず、ショップの人に勧められるまま下調べなし&展示機すら触らずに買うのだけはやめたほうがいいと思いますね。文字入力は自分の感覚が全てなので、ぜひ店頭の電源の入っている展示機でぽちぽちしてから買ったほうがいいです。

ガラホでもスマホでもなんでも、使い勝手が生活に直結するものに関して、実物を触らないで買うなんてありえませんよ!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまむし

Author:たまむし
うんちく語るのがすきな一般的ガラホユーザー。SHF31について熱く語りたいのに場所がなく、相手もいなく、悲しくなったのでブログ開設となりました。満足したら更新停止する可能性が高いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。