記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラホとセキュリティ!

ガラホ、SHF31はAndroid端末です。ということで、セキュリティの考え方はAndroidと一緒でいいと思います。
私も全然詳しくない中で、気をつけていることを書きます。


Androidは、Googleさんがいうには「我らがOSにセキュリティアプリなど不要!」ということらしいです。
そして各種サイトを見た私の解釈は、「Androidには、自分でインストールしなければ基本的に勝手にウィルスが入り込むことはない」ということ。

参考:Android ウイルス感染の不安を解消する3つのポイント

参考2:スマホがウイルスに感染!?正しい確認方法で危険を回避

参考3:スマホのウイルス症状を確認|この症状は危険サイン

(いずれもNortonのブログの記事です)


ほとんどどのパターンでも、使用者がインストールを許可しないと悪さをするアプリは入れられない、という話です。なので、私はセキュリティアプリを常駐させることはしていません。重いし、普段SHF31でブラウンジングはほとんどしないからです。
アプリを入れるときには作動させてチェックします。
その際に使ってるのは、look out というアプリ。なぜかインストール時自動にau版になります。
紛失時の位置検索が簡単です。(このアプリについてはしばらく使ってからレポートします。)

そして入れるアプリは、GooglePlay、Amazon以外のところから持ってこないようにしてます。たとえどれだけGoogleプレイの審査が甘くても、ぜんぜんないよりはマシなはずです。Amazonはある程度大きい会社なので、一定の信用をしていいと思うことにしてます。楽天のアプリストアは未確認です。


そのうえで、「この端末のこの機能(電話帳見たりなんだり)を使うことを許してね」という権限項目の多いor怪しげなアプリを許可しなければいいのです。…が、それだとちょっと困ってしまいます。便利なアプリを入れるならそれなりの権限を許さないとダメですからね。

私は、すでにスマホで数年間使用してきたアプリについては、もうある程度安心&今さらどうにもならない、と諦めて使っています。これから入れるアプリはできるだけ少なくする、必要のない娯楽アプリは極力いれない。開発者があやしそうなのも入れない。というのが私の方針です。



ガラホは基本的にアプリをいれる経路がほぼないという現状で、そのまま使うのならそんなに心配しなくてもいいと思うのですが、各種の裏ワザでアプリを入れる場合はメーカーもauも管轄外の自己責任となります。

いくら簡単にやれるようになってここや他の場所で紹介していて、いろんなひとが使用していても、危険なことをしているという自覚は持ったほうがいいです。私のブログでご紹介しているアプリは私が「多分大丈夫」と判断したものだけですが、それも実際どうかわかりません。

で、その流れで、「提供元不明元のアプリのインストール許可」について。
ガラホはこれを許可しておかないとアプリをインストール出来ないのでついつい許可のままにしがちですが、やることやったら不許可にしておかないと怖いです。

世の中には、ブラウザでそのページを開いたら勝手に不正なアプリのダウンロードをさせてくる罠があるらしいので、ここで提供不明元~を不許可にしていれば、うっかりそのままインストールする前に気がつくことが出来ます。大事なことです。


しかしAndroidのセキュリティに関して調べると、OSそのものに脆弱性があったりするし、その割にウィルス対策についてはあやふや?で、「とりあえずセキュリティアプリいれとこう!」という結論になるところが多かったり、なんともわかりにくいですね。素人には判断が難しすぎます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまむし

Author:たまむし
うんちく語るのがすきな一般的ガラホユーザー。SHF31について熱く語りたいのに場所がなく、相手もいなく、悲しくなったのでブログ開設となりました。満足したら更新停止する可能性が高いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。